女子旅で行きたい!ニュージーランド♡おすすめスポット

354

View

ニュージーランドは行ったことはありますか?日本とは季節が正反対の国で、今回は女子旅にとてもおすすめなスポットをご紹介いたします!オーロラだけじゃないニュージーランドの魅力をまとめてお伝えいたします!!

①カードボード・カセドラル(クライストチャーチ)

こちらはクライストチャーチのシンボルだった『クライストチャーチ大聖堂』が大地震で大きなダメージを受け倒壊し、再建するとなると莫大な費用がかかってしまうため現在は再建されることも取り壊されることもない状態なのだ。その間に仮で建てられたのが『カードボード大聖堂』。当初の予定より建設にだいぶ時間がかかってしまい、2013年8月頃にやっと完成いたしました!!それ以来、クライストチャーチの新名所となっています。
この教会を手掛けたのはなんと日本人デザイナーだそうです。もっともっと驚きなのがこの教会が紙でできているんです!!防水や難燃の、特殊な加工がされた紙でよく見ると三角屋根の部分はラップの芯みたいなものでできていますよ!夜にはライトアップされてとても綺麗ですよ!この紙でできた仮設大聖堂が『カードボード・カセドラル』なんです。

②ワイトモ洞窟(ワイトモ)

こちらは『ワイトモ洞窟』です。大都市のオークランドから3時間の場所にある。ワイトモ・ロトルアは、どちらも先住民マオリの土地として知られています。現在は、それぞれの地質的観光資源とマオリの文化を生かした観光都市化が進み、立地条件の悪さがありながら国内外からの観光客は年々増加し続けているそう。ワイトモでツチボタルという生き物が星空のように光輝いているところを見学できるんです!
また、ロトルアは今なお活動し続ける地球のマグマを、臭気と蒸気と熱で感じることができます!
ワイトモ・ケーブ(Waitomo Cave)と言えば土蛍(Glowworms)の生息地としてニュージーランドの有名な観光地であるのはもちろんですが、日本人にとっては『天空の城ラピュタ』で使われていた洞窟のモデルにもなった場所としても知られています!

③ハミルトン・ガーデンズ(ハミルトン)

こちらの『ハミルトン・ガーデンズ』はニュージーランドで代表的なガーデンとなっています。広い敷地内には5つのテーマで分かれていて、中国、イギリス、日本、アメリカ、イタリアのそれぞれの国の代表的な様式のガーデンが集められています!どれも全く異なったコンセプトで設計されていて個性的で、とても綺麗ですよ。他にもたくさんのガーデンがありますが、全て自然の特徴を最大限に生かしつつ、それぞれの時代において理想的とされたスタイルで造園されています。 中でも最も印象的な「ファンタジー・ガーデン」は【香り】と【時間】をテーマに創意にあふれた造りになっているので癒されること間違えなし!!
『ハミルトン・ガーデンズ』は、おとぎ話に出て来るような完璧な庭園になっていて自分がおとぎ話の主人公になったみたいな雰囲気が味わえるはず!SNSに載せたくなるような写真が撮れそうですね。他ではあまり見ることができないニュージーランドで5カ国の庭を楽しんでみるのもいいですね。

④ホビット村(マタマタ)

世界的な大ヒットした映画『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』の各シリーズが撮影されたのは、ピーター・ジャクソン監督の出身地であるニュージーランドだそうです。ニュージーランドの色んな場所で舞台となったロケ地が存在します。人気が高いのがこちらのビルボやフロドの故郷である緑豊かなホビット庄です。撮影が行われたのは北島ワイカト地方マタマタ郊外にあるアレキサンダー牧場で、今も映画の世界がそっくりそのまま残っています。
「永久的に残せるように」と考えられてホビット村ができ、現在のようにファンが楽しめる空間となりました。建物や郵便ポストや農作業の道具といった小道具も細部まで凝っているうえに、2013年12月からはホビットの家の煙突から煙も出るようになり、まるでホビットたちが実際にここで生活しているかのような臨場感がたっぷり味わえるんです!この可愛らしい世界観に女子は一度は訪れたいと思いますよね。

⑤パーネル通り(オークランド)

こちらはニュージーランドで一番お洒落な通りの『パーネル通り』。パーネルと呼ばれる地域はニュージーランドがイギリスの植民地化された1840年以降から住宅地として開発され、今でも19世紀後半のヴィクトリア調の建物が特徴的な地域です。メイン通りにはギャラリーや骨董品店、ギフトショップ、レストラン、カフェが並ぶとてもレトロな雰囲気の素敵な街並となっています。
素敵な場所でショッピングをしたり、オシャレなカフェでお茶を飲んだり女子は気分が上がりますよね!『パーネル通り』の近くには、オークランドで最も古いと言われている住宅もあり見に行ってみるのもいいですよ。こちらのお店は「チョコレートブティック」という有名なチョコレート屋さんです。100種類以上のチョコレートが並び、デザートの種類やココアの様な飲み物”ホットチョコレート”のフレーバーも多く揃っています。甘いのが苦手な方でも美味しく飲めるダークチョコレートのホットチョコレートはおすすめです!是非行ってみてください。

⑥Giapo(オークランド)

こちらはオークランドにあるアイス専門店の「Giapo(ジアポ)」です。見た目もユニークな大人気のアイスクリームです。個性的で可愛いくておいしすぎるアイスが口コミで広がり人気店になりました。
地元産の食材にこだわった手作りなアイスクリーム。実はアイスクリームの消費量が世界一といわれるニュージーランドで連日行列ができるほど!人気の秘密はアイスクリームをさまざまなトッピングでデコレーションすること。思わず写真を撮り、SNSに投稿する人も少なくありません。フレーバーは日替わりでアイスクリームのほかにソルベもあり、リピートする楽しみも満載です!アイスをポップコーンで飾ったり、メレンゲをのせてバーナーで焼き色を付けたり、シーズンごとに様々なデザインが登場するので訪れるたびにワクワクが止まりませんね。スイーツ好きなら是非訪れてみてください。

関連する記事この記事に関連する人気記事

  • 「太平洋の真珠」と称されるクック諸島。観光地化がとても緩やかで、自然そのものが残っているために「最後の楽園」や「秘密の楽園」と言われておりま...

    2017年3月13日398 viewsstar

キュレーター紹介この記事を書いた人