春に行く‟北海道”おすすめスポット☆10選

103

View

いよいよ北海道の雪も溶けてレジャーシーズン突入!! 北海道の春は一瞬で過ぎ去っていくので美しい自然の春らしい景色を是非とも堪能してください。今回はそんな春の北海道のおすすめスポットをご紹介いたします☆

①松前城公園

こちらは、約250種1万本を数える桜の名所として名高い『松前城』。約21万3500平方メートルの敷地内には、樹齢300年以上といわれる光善寺の血脈桜(ケチミャクザクラ)、龍雲院の蝦夷霞桜(エゾカスミザクラ)、 天神坂門の夫婦桜(メオトザクラ)の三大名木をはじめ、見どころ満載です。公園の北にある桜見本園では、早咲きから遅咲きまで140種類もの桜が1ヶ月程の間に次々と花を咲かせていきます。日本さくらの会が選定する「さくら名所100選」にも選ばれているんです!そして桜の時期になると「松前さくらまつり」など様々なイベントが開催予定。※桜の見頃時期≪4月下旬~5月下旬頃≫

☆基本情報

≪住所≫
北海道松前郡松前町字松城
≪アクセス≫
【電車】JR木古内駅から松前行きバス約1時間30分「松城」下車徒歩約7分 【車】道央道八雲ICから道道67号線経由約2時間30分 函館市街地から国道228号経由約2時間
≪駐車場≫
あり
≪TEL≫
0139-42-2726

②かみゆうべつチューリップ公園

こちらは、上湧別市にある『かみゆうべつチューリップ公園』です。ここでは素晴らしいチューリップ畑の絶景を見ることができます!だいたい5月〜6月上旬頃にかけて咲く120万本もの色とりどりのチューリップをご覧になることができるんです。公園ではチューリップフェアも開催されていて、花や球根の販売なども行われます。

☆基本情報

≪住所≫
湧別町上湧別屯田市街地
≪アクセス≫
【電車】JR北海道(北海道旅客鉄道)石北本線遠軽駅から車・バスで15分。【バス】北海道北見バス湧別・紋別線「チューリップ公園停留所」下車徒歩3分。
≪駐車場≫
400台
≪営業時間≫
8:00~18:00(入園~17:30)
≪TEL≫
01586-2-3600(湧別町観光協会)

③洞爺湖

こちらは『洞爺湖』です。洞爺湖サミットが開催されたことでも有名な観光地です。火山を背後に控えた洞爺湖畔は豊かで素晴らしい温泉に恵まれていて、また湖畔に彫刻が飾られている場所もあり、写真の巨大な顔はイゴール・ミトライ作の「月の光」という作品です。アートと自然を存分に楽しめることも魅力の一つでもあります!4月下旬~10月末まで毎日のように花火大会も開催されるので、是非夏以外の花火の景色を堪能してみてください。

☆基本情報

≪住所≫
北海道虻田郡洞爺湖町栄町58番地
≪アクセス≫
・洞爺湖町役場
【電車】札幌から特急で約1時間40分、函館から特急で約1時間40分【車】札幌から(中山峠経由)105km
・洞爺湖町洞爺総合支所
【電車】洞爺駅より車で25分【バス】札幌から2時間20分【車】札幌から(中山峠経由)85km

④旭山動物園

こちらは観光地で有名な『旭山動物園』です。動物の見せ方が上手なことで知られていますね。一時期は混雑しておりましたが、今は曜日などにもよりますがだいぶ落ち着いたようです。園内もとてもキレイでスタッフさんも多いためか安心して見て回れます。新しい施設も出来ていったり、季節によって活発な動物も様々ですのでもう行ったことのある方も訪れるたびに大人でも子供でも何度でも楽しめると思います。

☆基本情報

≪住所≫
旭川市東旭川町倉沼
≪アクセス≫
JR札幌駅から旭川駅まで特急列車が約1時間20分
≪駐車場≫
あり
≪営業時間≫
・夏期間 9:30~5:15
・冬期間 10:30~3:30
≪TEL≫
0166-36-1104

⑤芝ざくら滝上公園

こちらは、滝上町にある『芝ざくら滝上公園』です。日本最大ともいわれる規模であり、50年もの歴史ある公園で見られるのはピンクの芝桜。芝桜の見頃は5月上旬~6月上旬で、芝桜と同じぐらいに本数はあまり多くはないですが‟チューリップ”も見ることが出来ます!一面ピンクカーペットに赤いチューリップはとっても素晴らしい景色だと思います。見た目の美しさだけでなく花の甘い香りも公園中に広がっていてリラックスできますし、あまりのロマンチックさに感動すること間違い無しです!

☆基本情報

≪住所≫
北海道紋別郡滝上町元町
≪アクセス≫
オホーツク紋別空港より車で約50分
≪駐車場≫
駐車場(165台)
≪営業時間≫
24時間入場可
≪TEL≫
0158-29-2730

⑥丸加高原

こちらは、滝川市にある菜の花畑の『丸加高原』です。年に一度、5月中旬〜下旬の間に2日間に渡って開催される\\\"たきかわ菜の花まつり\\\"では菜の花畑を楽しめるだけでなく、滝川のグルメ味わえるイベントが開催されジンギスカンなどの地産地消グルメも味わえます!菜の花は、満開の時が一番黄色くだいたい一週間くらい、美しい黄色が続いていき徐々に色が濃くなり、オレンジ色に近くなってきます。なので真黄色の畑があったり、ちょっと濃くなった畑やオレンジっぽくなった畑など、時期や場所によって、いろいろな菜の花が見られます。周辺には牧場もあって、5月に菜の花畑の絶景が見られるだけでなく、その時期以外でも動物と触れ合って自然を満喫することが出来るんです。

☆基本情報

≪住所≫
北海道滝川市大町
≪アクセス≫
【電車】JR滝川駅より車で約30分、JR江部乙駅または中央バス「江部乙中央通」停より車で約10分(丸加高原伝習館)
≪駐車場≫
あり
≪TEL≫
0125-23-0030

⑦白い恋人パーク

こちらは『白い恋人パーク』。北海道のお土産で知られている白い恋人のテーマパークです。工場見学のほか、ハート型の白い恋人を作ることが出来るお菓子作り体験工房、イシヤオリジナルスイーツが味わえるチョコレートラウンジなど、見て、味わって、体験出来る場所となっています!見どころいっぱいです。カップルやご夫婦に嬉しい写真入りの白い恋人缶を作ることも出来ますよ。建物はお洒落なオランダ風、レトロな置物や展示品も素敵です。ローズガーデンもあり6~8月の時季には見事なバラが咲き誇っていて思わず写真を撮りたくなりますよ。

☆基本情報

≪住所≫
北海道札幌市西区宮の沢2条2丁目11-36
≪アクセス≫
【電車】JR 札幌駅から 車 25分、地下鉄東西線 宮の沢駅から 徒歩 7分
≪駐車場≫
あり(無料)
≪営業時間≫
9:00~18:00
≪TEL≫
011-666-1481

⑧北海道神宮

こちらは『北海道神宮』です。北海道神宮は、北海道の開拓の発展、開拓民たちの心をのよりどころにと1869年(明治2年)に建てられた神社で開拓三神という「大国魂神」「大那牟遅神」「少彦名神」と「明治天皇」が祀られています。北海道民には慣れ親しんだ神社であり初詣の参拝数は道内一。また、桜の名所でも知られているためお花見の季節はたくさんの人で賑わいます!強力な気が流れていると北海道随一のパワースポットとしても知られているんです。恋愛、金運など様々なご利益があると言われているので是非、北海道に来た際は北海道神宮に訪れて良い気をもらってください。

☆基本情報

≪住所≫
北海道札幌市中央区宮ケ丘474
≪アクセス≫
【電車】地下鉄東西線「円山公園」下車 徒歩15分、地下鉄東西線「円山公園」から JR北海道バス(西14・西15)で「神宮前停留所」下車、徒歩1分
≪駐車場≫
・1時間無料、2時間以降は500円/1時間
※大型の車椅子車両は、事前に要問合 ※正月期間は別途
≪営業時間≫
・夏期 6:00〜17:00
・冬期 7:00〜16:00
※期間により異なる ※正月期間は別途
≪TEL≫
011-611-0261

⑨ひがしもこと芝桜公園

こちらは、『ひがしもこと芝桜公園』です。この時期芝桜が多い季節になりますが、ここも一面美しいピンク色の芝桜が広がっています!園内には子供には嬉しいミニSLやゴーカートなどもあり、子供たちも楽しめる場所となっております。展望台までは遊覧車で行くことができます。芝桜の見頃は5月下旬~6月上旬ですが、その年によって若干のズレがありますので、是非公式サイトをチェックして下さい!芝桜の開花とともに‟ひがしもこと芝桜まつり”も開催され、素敵なステージイベントが見られたり、ご当地グルメも食べれたりととても楽しい内容となっております!夏はキャンプも楽しめます。

☆基本情報

≪住所≫
北海道網走郡大空町東藻琴末広393
≪アクセス≫
【電車】JR網走駅下車、網走駅より網走交通バスで約50分、大空町東藻琴下車 タクシーで約5分
≪営業時間≫
8:00~17:00
≪TEL≫
0152-66-3111

⑩四季彩の丘

こちらは、北海道の花畑といえば名前の挙がらないことのない美瑛市の『四季彩の丘』です。15ヘクタールもの敷地に四季折々の様々な植物が花を咲かせ写真のような虹色の花畑を作ることで有名な場所です!レインボーの絶景は誰が見ても感動するほど素敵です。ここで植えられている花はなんと30種類以上もあります。5月〜10月の間、それぞれの花が順番に見頃を迎えるのでどの時期に訪れても花の絶景が見られます!冬になると花畑の上に雪がつもりスノーランドに大変身してそれもまた素敵なんです。おすすめなスポットです!

☆基本情報

≪住所≫
北海道上川郡美瑛町新星第3
≪アクセス≫
JR美瑛駅から車で20分
≪駐車場≫
あり
≪営業時間≫
8:30~18:00
≪TEL≫
0166-95-2758

関連する記事この記事に関連する人気記事

キュレーター紹介この記事を書いた人