【2017年】最新♡東京の花火大会特集!!

136

View

早い所では5月からもう花火大会が始まっていますね♡これから夏に向けてお祭りなどのイベント事が増えますね。浴衣を着てカップルや友達同士で遊びに行きたいですよね。そんな今回は東京の花火大会の情報をいち早くご紹介します!!おまけに行ってみたい花火大会も一緒にご紹介!!

♡ 東京の花火大会スケジュール ♡

★7月22日(土)【第39回足立の花火】19:30 -  12,000発
★7月22日(土)【八王子花火大会】19:00 -  3,600発
★7月25日(火)【第51回葛飾納涼花火大会】19:20 -  13,000発
★7月29日(土)【第40回隅田川花火大会】19:05 -  22,000発
★7月29日(土)【立川まつり国営昭和記念公園花火大会】19:20 -  5,000発
★7月29日(土)【ひので夏まつり】18:00 -  1,700発
★7月29日(土)【三宅島マリンスコーレ21フェスティバル】20:30 - 800発
★8月 1日(火)【第35回江東花火大会】19:30 -  4,000発
★8月 2日(水)【神津島なぎさの花火大会】19:30 -  700発
★8月 5日(土)【第42回江戸川区花火大会】19:15 -  14,000発
★8月 5日(土)【第58回いたばし花火大会】19:00 -  12,000発
★8月 5日(土)【第46回昭島市民くじら祭夢花火】20:00 -  1,800発
★8月 5日(土)【第69回青梅市納涼花火大会】19:30 -  3,641発
★8月11日(金)【第38回伊豆大島夏まつり花火大会】20:50 -  1,000発
★8月11日(金)【八丈島納涼花火大会】20:45 -  600発
★8月12日(土)【第40回奥多摩納涼花火大会】19:45 -  1,000発
★8月12日(土)【小笠原サマーフェスティバル花火大会】20:00 -  350発
★8月19日(土)【第39回世田谷区たまがわ花火大会】19:00 -  12,000発
★8月20日(日)【第38回2017神宮外苑花火大会】19:30 -  12,000発
★10月14日(土)【北区花火会】18:30 -  7,777発
★10月28日(土)【第35回調布市花火大会】18:50 -   8,000発

♡ 花火大会人気ベスト5 ♡

1位:第39回足立の花火

東京の夏を一番早く感じられるのがこの足立の花火大会♡約100年の歴史を持つ、大変伝統のある花火大会なんです。一時間で約1万2000発の色とりどりの花火が次々と打ち上げられ、とても迫力があるので感動。河川敷が会場になるので、土手の斜面に座ってゆっくりと花火を観賞する事ができます。足立の花火は東京メトロ千代田線鉄橋から西新井橋間の荒川河川敷が会場となっています。この大会のクライマックスの名物である『ナイアガラ』など約300mもある打ち上げ幅を生かした花火はかなり必見♡足立の花火大会は打ち上げ場所と観賞場所が近いので、大迫力の花火が間近で観賞できます。近くから真上に打ち上げられる花火を観賞するのもいいですが、人混みを避けて少し遠くから観賞するのもとてもロマンチックで素敵ですよ~♡カップルはもちろん、友人同士や家族でも楽しめます。

2位:第40回隅田川花火大会

関東随一の伝統と格式を誇る隅田川花火大会♡1733年(江戸時代)から長く続いている日本最古の花火大会がこの隅田川花火大会。隅田川で二つの会場に分けて約2万発以上の花火が打ち上げられます。第一会場では大会の目玉でもある花火コンクール玉を含む約1万350発、第二会場では約1万1650発の花火が打ち上げられます。指定の観賞場所以外にも有料席があります♡その有料席で観賞するにはまずは応募が必要になります。今年の募集期間はもう既に終了してしまいましたが、4月中旬から5月中旬の間に募集をかけます。応募多数の場合は抽選になります。そしてその後、協賛金を支払う事によって花火の打ち上げ場所の近くの特設会場で観賞ができます。1口6000円~。椅子席、ビニールシート席など場所は様々です。この他にも『スカイツリー』、『花やしき遊園地』、『浅草ビューホテル』、『両国第一ホテル』などでも観賞できる場所がありますのでこちらも要チェック♡

3位:第42回 江戸川区花火大会

東京都の江戸川区と千葉県の市川市で同時に開催される江戸川区花火大会。とても規模の大きい花火大会になっています。それぞれ内容の違う8個のテーマで構成されていて、5秒で1000発を打ち上げるオープニングが恒例だそう。こちらは江戸川名物にもなっているので見るべき♡さらにそこから異なるテーマで大迫力の花火が打ち上げられます。遠隔操作による電気着火で打ち上げる為、きめ細かい演出となっています。さらに!!音楽と連動しているので、躍動感のある花火を鑑賞する事ができます♡隅田川花火大会と比べたら、穴場スポットを見付ければそんなに人混みではないかと思うので、まったり観賞したいという人が多く訪れるそう。とてもエキサイティングで他とは違った花火大会を味わえるかもしれないですね♡

4位:第51回葛飾納涼花火大会

素敵な演出の花火大会が観賞できるのが『葛飾納涼花火大会』♡約1万3000発の色鮮やかな花火が打ち上げられます。場所は葛飾区柴又で開催されます。昔ながらの下町情緒あふれる葛飾。それはとても雰囲気があり素敵です。2017年の今年の葛飾花火大会はナイアガラの滝という名の花火から始まり、また昭和の懐かしさを花火で表現するという素晴らしい内容です♡そしてグランドフィナーレでは夜空に虹色の花火が打ち上げられます。こちらは打ち上げ場所と観賞できる場所が近いので、迫力のある花火を間近で楽しむ事ができるのが特徴です。最後に上がる虹色の橋には圧巻ですよ~♡有料にはなりますが、指定の観賞スペースが設けられるそうなのでそこも要チェックです。花火大会当日には屋台も出るので屋台で食べ物を買ってゆっくり観賞するのもまたいいですよね!!

5位:第35回江東花火大会

東京湾に近い荒川河口での花火大会がこの江東花火大会♡会場の荒川・砂町水辺公園からわずか約150m程しか離れていないので、至近距離で臨場感のある花火大会を楽しめます。打ち上げ数は他に比べて多くはありませんが、荒川に浮かべた台船から打ち上げられるスターマインの豪華で雄大さには感激しますよ!!そしてさらに川に反映する花火は納涼感の雰囲気を味わえます。芝生の広場にシートを敷いてまったり観賞するのもいいですね。カップルや友人と楽しむのもアリですが、子供連れでも思い思いに楽しめるのがこの江東花火大会の特徴でもあります♡もちろん、下町情緒も味わえるので昔に戻ったような懐かしい雰囲気も味わう事ができまです。小雨でも決行で荒天の場合は中止。延期にはなりませんので随時チェックして下さいね~!!

♡ 全国で行ってみたい花火大会 ♡

北海道

【北海道新聞社創業130周年UHB開局45周年記念 2017道新・UHB花火大会】
北海道札幌市中央区の豊平川の河川敷で開催される花火大会。北海道内で一番人気のある花火大会だそう。趣向を凝らした創作花火などを含め、約4000発の花火が打ち上げられるそう♡ラストも盛り上がり、全体で3部構成となっているのでこれはかなり見応えあります。

東北

【第48回 仙台七夕花火祭】
仙台七夕まつりの前夜祭として開催される花火大会。仙台の夜空を彩る風物詩『仙台七夕花火祭』は今年で48回目を迎えます。市内を流れる広瀬川の河畔から約1万6000発もの色鮮やかな花火が打ち上げられます。360度全方向から観賞する事ができます♡

関東

【第39回 足立の花火】
東京で夏に行われる花火大会の中で一番早く開催される『足立の花火』。河川敷が会場となっているので、土手の斜面に座ってゆっくり観賞できるのが足立の花火大会の特徴です♡100年の歴史を誇る花火大会でこの大会の名物にもなっているナイアガラは必見です。

甲信越

【長岡まつり大花火大会】
日本三大花火大会の一つとなっている花火大会がこの『長岡まつり大花火大会』なんです。全長なんと約2kmにも及ぶ、復興祈願花火『フェニックス』にはかなり圧倒されます♡感動します。そして音楽と夜空を彩る花火の融合がとても素敵です。

東海

【第61回 全国選抜長良川中日花火大会】
清流長良川を舞台に全国からそうそうたる花火師が集い、量・質どちらもトップを誇る大胆な花火を披露します♡そして花火大会当日にはライブ配信サービス『LINE LIVE』などで花火大会の模様が配信される予定なのでそこも要チェックですね!!

北陸

【北國花火 2017 金沢大会】
石川県金沢市の中心部で開催される花火大会。毎年県内外からたくさんの見物客が訪れるそう。豪華な花火が打ち上げられる他、フィナーレを飾るのは1000発の乱れ打ち。これは想像以上の迫力です♡県内外の花火師たちが腕を競い合う『芸術花火の部』。これも素敵ですよ。

関西

【第47回 みなとこうべ海上花火大会】
『みなとこうべ海上花火大会』は毎年20万人以上の人達を虜にしてしまう兵庫県最大の花火大会♡スターマインや仕掛け花火など約1万発の花火が神戸の夜空に打ち上げられます。神戸港一体を花火色に照らし、海に反映する花火も感動的です♡

中国

【宮島水中花火大会】
広島県宮島で開催されます。約30cmもある水中尺玉が100発も見られるのがこの宮島水中花火大会の特徴なんです♡日本花火百選でも写真愛好家の間で人気トップに選出されているそうです。これはぜひ生で見てみたいものですね!!

四国

【おんまく花火 ~初心~】
今治市民のまつり『おんまく』のフィナーレを飾る、四国最大規模を誇る花火大会がこの『おんまく花火』。約1万4000発の豪華な花火が打ち上げられます。おんまくとは今治弁で思いっきりとかめちゃくちゃという意味だそう。

九州・沖縄

【第358回 筑後川花火大会】
この筑後川花火大会は350年以上の古い歴史を持つ、福岡県久留米市の花火大会。1万8000発が打ち上げられるスケールの大きさは西日本では一番かもしれません♡京町会場と篠山会場の両会場の対岸より打ち上げらるのでこの迫力には感動します。

♡ 全国の花火大会情報 ♡

関連する記事この記事に関連する人気記事

キュレーター紹介この記事を書いた人

ana