一生に一度は行ってみたい魅惑の島♡サントリー二島について知ってみよう!!

117

View

ギリシャ・エーゲ海に浮かぶ魅惑の島『サントリーニ島』。別名ティラ島とも呼ばれています。白い街に青い屋根が特徴的♡どこを撮っても画になる場所ですね。人生で一度は行ってみたい憧れのリゾート地として大人気。世界中から多くの観光客が訪れるそう。今回はそんな魅惑の島、サントリーニ島について知ってみよう!!

■ サントリーニ島ってどこ?

皆さん、サントリーニ島ってご存知ですか?

ギリシャとトルコに挟まれた地中海の一部を構成する海域があります。それをエーゲ海と言います。エーゲ海に浮かぶ5つの島でできたのがサントリーニ島。エーゲ海の島はヨーロッパでも特に人気のリゾート地なんです。写真などで見る白い建物に青い屋根が特徴的ですよね。今回ご紹介するサントリーニ島はハネムーンでも非常に人気があります♡友人同士で観光に行かれる方も多いですが、もしかしたらハネムーンで観光に行かれる方がほとんどかもしれません!!ちなみにギリシャ・アテネからだと飛行機で約50分程。飛行機以外にはフェリーが出ています。そしてサントリーニ島はワインの原産地としても有名なんだとか。これはわたしも知らなかったです。ワイン好きには嬉しい情報ですね♡そして島にはワイナリーも多く存在しているそうで、サントリーニ島にしかないワインのテイスティングもできるそうです。そして何と言っても!!世界で一番綺麗なサンセットが見れる事で有名なんです♡島の最北西端に位置するイアという場所はサンセットがとっても綺麗に見れます。これを目当てに行く人も多いんだとか!!サントリーニ島は観光するというよりも街を歩いているだけでも素敵な風景がたくさんあります♡

■ 日本との時差は?

(-)7時間

■ 日本からのアクセスは?

日本からギリシャまでの直行便のフライトはありません。どこかで乗り継ぎをしなくてはならないのです。日本からサントリーニ島に行くにはまずはギリシャ・アテネを目指します。経由地は3ヶ所あり、ヨーロッパ経由・アジア経由・中近東経由となります。経由地によっては所要時間が異なる事がありますので、ご了承下さい。大体の目安ですが、少なくとも13~18時間は必要です。ギリシャ・アテネに着いたら次は目標であるサントリーニ島に行きます。アテネからサントリーニ島までは3種類の行き方があります。

アテネ国際空港から飛行機

アテネ国際空港からだと飛行機で約50分のフライトです。

ピレウス港から高速フェリー

高速フェリーだと約4時間かかります。

ピレウス港から通常フェリー

通常のフェリーだと約8時間かかります。船酔いする方はフェリー移動はちょっと厳しいかもしれませんので飛行機で移動する事をおすすめします♡ちなみにわたしは船酔いをする方なので、サントリーニ島に行く際は飛行機の移動にします(笑)ご紹介したアクセス方法はどれも観光シーズンの期間中は便数も増えます。シーズンオフに入ってしまうと便数はかなり少なくなり、アクセスがかなり難しくなりますので旅行に行かれる際は要注意です!!

■ 観光のベストシーズンは?

5月~10月

エーゲ海の観光のベストシーズンは5月~10月。ビーチリゾートのベストシーズンは日差しの強くなる7月~9月です。この時期は夏季になるのでほとんど雨は降りません。そして晴天続きになります。日本とは違って湿度が低いのでカラッとした暑さです。これは嬉しい♡それから日焼け止めやサングラス、帽子などの紫外線対策はしっかりと行って下さい。ほんとにかなり暑いです。ちなみに11月~3月はシーズンオフとなります。

■ 気候は?

30℃前後で晴天続き

観光シーズンの5月~10月の平均気温。特に7月~9月は30℃を越える暑い日もあります。周りは白い壁や白い路面が多くなってるので、日差しが反射して照り返しも強いです。実際の気温よりも体感温度は少し高いと考えていいでしょう。但し、5月~6月辺りは特に朝晩は冷え込む事もあるので羽織物があった方がいいです。シーズンオフはダウンやホッカイロを使う程、かなり寒いのでこの時期に観光に行かれる方は防寒対策が必要です。

■ 服装は?

Tシャツ、短パン

行く時期にもよりますが、夏の時期(7月~9月)は上は半袖Tシャツに下は短めのパンツで充分です。少なからず、実際の気温よりも体感温度は高いので注意して下さい。本当に暑いそうです。街も白い建物や壁が多く、そして路面も白いのでそれに反射して日焼けをしてしまうので、紫外線対策もマメに行って下さい。冬の時期は真逆でとても寒いそう。海に面しているという部分もあって寒いんだとか。冬に着るダウンやコートはもちろん、一般的な防寒対策であるマフラーや手袋などは欠かせません。その他にもブーツを履いたり、ホッカイロを貼ったり、自分でできる防寒対策はした方がいいです!!

■ 通貨は?

ユーロ

ギリシャの通貨単位は『ユーロ』です。E、EURO、EURと略す事もあります。補助通貨単位は『セント』となります。ヨーロッパでは25の国と地域で使用されています。また、それぞれをドイツ語読みにすると『オイロ』、『ツェント』となります。紙幣の種類は5、10、20、50、100、200、500ユーロとなっていて、硬貨の種類は1、2、5、10、20、50セント、1、2ユーロとなっています。初めて使う方はほとんどわからないと思いますが、現地に行って使ってみたらだんだんわかってくるかもしれません(笑)

■ 言語は?

ギリシア語

公用語として使用されている国や地域は何ヶ所がありますが、基本的にはギリシャとキプロスのみです。せっかくなのでどこでも使う基本的な挨拶の言葉をご紹介します♡

★こんにちは = γεια σου.(ヤース)
★ありがとう = Eυχαριστώ.(エフハリスト)
★どういたしまして/どうぞ = Παρακαλώ.(パラカロー)
★ごめんなさい = Συγγνώμη.(シグノミ)
★さようなら = Αντίο.(アディーオ)

もうこれが言えれば完璧!!ギリシャ語はカタカナ発音でほとんど通じるので旅行に行かれた際はぜひ使ってみて下さい♡

■ 参考までに…

最後に旅費について少しお話します。旅費は行く日数や時期、航空会社によってもかなり違いがあります。初めて行かれる方は個人で取るよりもツアーで取った方がいいと思うかもしれませんが、航空券やホテルなどは個人で手配した方が若干ではありますが、安くはなります♡まぁそれでも大体8日~10日間で航空券やホテルなど合わせて一人約30万前後は必要になってくるかと思います。高い時期やいいホテルに泊まりたいなど少し贅沢をしたいなら一人約50万はあったらちょっとは余裕かな?という感じです。決して安くはありませんね。でも貯金をすれば問題な~い♡時間とお金に余裕を持ってギリシャ旅行を楽しんで下さい!!

ヤーサス!!(またね!!)

関連する記事この記事に関連する人気記事

キュレーター紹介この記事を書いた人

ana