映画『アメリ』のロケ地を巡ろう☆

86

View

今回は世界中でヒットし女子が好きな映画『アメリ』のロケ地をご紹介いたします!主人公のアメリが住んでいたモンマルトルが中心となりますが、意外といろいろなスポットが映画の中に出てきますのでチェックしてみてください。

☆まずは映画『アメリ』のあらすじ

主人公のアメリは小さい頃他の子供と遊べなかったり、母親を事故で亡くしたりしたせいで、昔から一人でいる時間が多く空想癖があった。それは、大人になってカフェで働くようになった今でも変わらない。そして、周囲の人たちに小さな幸せを運ぶため、こっそり裏で色々な仕掛けをするのが好き。そんなアメリも、ある日恋に落ちる。相手はポルノショップで働くニノ。彼の趣味は、スピード写真ボックスの下や横に置いてあるゴミ箱から、捨てられた証明写真を拾って集めること。ニノは、この大事な証明写真のコレクションアルバムを落としてしまい、それを拾ったアメリはニノに返そうとするが…。自分の世界に閉じこもっていて、なかなかカラを破れないアメリ。さて、その結末は………。
出典:www.youtube.com

イマジカBS・映画がお届けする「映画の名シーン」。 空想好きなヒロインが初めて恋をして自分の世界を見つけるまでをファンタジックに描いた...

☆Cathédrale Notre-Dame de Paris (ノートルダム大聖堂)

映画でアメリが母親に会ったシーンに登場したノートルダム大聖堂。 もちろんパリの観光スポットとしても欠かせない場所!アメリの母親が、ノートルダム大聖堂の上から落ちてきたケベック人観光客にぶつかり、亡くなってしまうシーン。

☆Rue des trois frères (トロワ・フレール通り)

アメリが住んでいたトロワ・フレール通りは「三人兄弟」という意味。この通りには、『アメリ』に出てくる八百屋さん「コリニョンの店」もあります。実在している八百屋さんなんですよ!このあたりは坂が多く、パリの下町の雰囲気が味わえる素敵な場所です!

☆Montmartre (モンマルトルの丘)

アメリが好きなことの一つ、この《モンマルトルの丘》から素晴らしいパリの町を見下ろしながらたくさんの想像をすること。パリの中で最も高い場所にあるモンマルトルの丘は、人気の観光スポットでも有名です。シンボルであるサクレ・クール寺院はパリのあちこちから見ることができ、パリのランドマーク的存在になっています。モンマルトルには色々な見どころもあり、いつも旅行客が絶えないです。また、古きよきパリの雰囲気が残っているところもモンマルトルの魅力ですよ。

☆Canal Saint-Martin (サン・マルタン運河)

アメリが好きなこと、この”サン・マルタン運河”の水面に向かって小石を投げて水切り遊びをすること。映画のマネをする人がちらほらいたり、観光客も本当に多いです。水門を遊覧船がゆったりと通っていく様子に見入ってると、まるで時間が止まったかのようなのどかな雰囲気にいつの間にか心もリラックスしますよ。水の流れる音に耳をすませながらのんびり運河沿いを散歩するのもおすすめです!アーチ状になっている橋の上でそよ風を感じながらパリの高い空を見上げるととっても気持ちいいですよ!

☆Café des Deux Moulins (カフェ・デ・ドゥー・ムーラン)

こちらのお店は、アメリが働いているカフェ《カフェ・デ・ドゥー・ムーラン》。映画の中ではこのカフェで、色々な人間模様が繰り広げられます。昔はサーカスで働いていたオーナーのマダム、毎日体のどこかの調子が悪いと訴えるタバコ売り場のジョルジェット、骨を鳴らすのが好きなウェイトレスのジーナ、梱包材をプチプチつぶすのが好きでジーナにつきまとう嫉妬深い常連客ジョセフなど。このカフェに来た際は是非メニューであるクリーム・ブリュレを食べるのをおすすめします!アメリの好きなことの一つである、クリーム・ブリュレの上のパリパリしたカラメルの部分をスプーンで「コンコンコン」と叩いて壊して食べることをやってみるのもいいですね。もちろん店内には、映画『アメリ』のグッズがたくさん飾られています。

☆Gare du Nord (北駅)

パリ近郊の街Enghien-les-Bains(アンギャン・レ・バン)に住む父親に会いに行くために、アメリがよく使っている駅がここである。パリ北駅は、フランスの首都・パリ市10区にあるフランス国鉄 ・パリ交通公団 の駅でSNCFにおけるパリの主要ターミナル駅の一つでもあります。

☆Eglise St-Medard(サン・メダール教会 )

アメリが偶然見つけた誰かの宝箱の持ち主を探し出して、その人物に宝箱をこっそり渡すシーン。この教会の前の広場がロケ地になりましたが、映画の中であった電話ボックスは実際にはありません。こちらの教会は1622年に造られた、歴史のある教会でこの教会の前にはムフタールの常設市場があるので活気がありますが、一歩教会の中に入ると静寂な雰囲気に包まれます。大天使ミカエルのステンドグラスなどがあり、柔らかい光が差し込んできますよ。是非一度は立ち寄ってみてください。

☆Gare de l`Est(東駅)

フランスの首都・パリにあるフランス国鉄の主要ターミナル駅の一つ。開業は1849年で、フランス東部やドイツ、ルクセンブルク方面への列車が発着する。またパリ北駅のすぐ東に位置しており、徒歩で連絡が可能である。当駅名はパリより東へ向かう列車が発着するから「東駅」というそうだ。アメリとニノのラブストーリーがはじまる場所でニノとのやりとりをするときに、何回か出てくる駅が、この東駅です!この駅の構内にあるスピード写真ボックスで、アメリは怪傑ゾロのマスクを付けて写真を撮ったりしてました。同じようにここでラブストーリーが起きたらロマンチックですよね。

最後に……

『アメリ』の映画は女の子がわくわくするような素敵な映画です。まだ
観たことがない方も是非この機会に映画を観て、ロケ地巡りも楽しんでみてください!!あなたも『アメリ』の世界に入ってみてはいかがですか?

関連する記事この記事に関連する人気記事

キュレーター紹介この記事を書いた人