SNS女子必見♡韓国のおしゃかわスポット

2,690

View

せっかく韓国に行くなら韓国ならではのおしゃれな町並みを歩いて可愛い写真をSNSに載せて自慢したいですよね!!そんな方におすすめしたい、おしゃれな町並みがある観光スポットをご紹介いたします。これでいいね!をたくさんもらっちゃおう。

1・カロスキル

ソウルのおしゃれストリート、カロスキルは韓国のみならず世界のトレンドが入り交じる観光スポット。セレクトショップはもちろんコスメショップや飲食店も充実しています。ぶらぶら歩くだけでいろんな発見がありますよ!

LAY BRICKS

カロスキルにあるおしゃれカフェ。横道を1本入った裏通りにあります!「レンガを積み上げる」という店名そのままに、レンガ造りの外観がおしゃれ◎
レンガ造りの店内は照明が落とされゆっくり落ち着ける雰囲気が漂っています。思わず写真を撮りたくなりますよね!お店のエスプレッソはオーナー自らブレンドしたオリジナル豆を使用する自家焙煎です。

3CE CINEMA

可愛くておすすめなショッピングスポットの「3CE CINEMA(スリーコンセプトアイズ シネマ)」です。「3CE」とは、韓国発の大人気ブランド「STYLE NANDA(スタイルナンダ)」から生まれたコスメブランドです。2015年5月にカロスキルにOPENした「3CE CINEMA」は、ピンク・ホワイト・ブラックを基調とした内装でまるで映画館のようで本当に可愛い!!お店自体がフォトスポットともいえる「3CE CINEMA」で可愛い写真を撮りながら、素敵なコスメ探してみては…?
カロスキルにはまだまだおしゃれな場所がたくさんありますので是非行ってみてください!!

2・梨花洞壁画村

エリア全体に壁画などのアートが散りばめられ、路上美術館として有名な観光スポット。
韓国でも若者を中心に人気を集めています。長居しちゃうほど写真で撮るところがいっぱい!芸術あふれるおしゃれな町並みを楽しんでください。
この白い翼の壁紙はよくSNSなどで見たことある人はいるんじゃないでしょうか?白い翼の真ん中に立って写真を撮ると自分が翼をつけたように見える人気の壁画です!! 横長で撮ることをおすすめします。羽の先まで綺麗に入れましょう。
こちらもおすすめ!自分の顔を持って行けばステキなキスシーンが撮れるかも??イケメンからのキス、目をつぶってパシャリしちゃおう!!

あなたもこの場所でドラマのヒロイン!?

多くのドラマや映画で撮影地として利用されており、思い出作りにぴったりの撮影スポットです!1日中楽しめる、梨花洞壁画村で写真をいっぱい撮って楽しみましょう。

3・松月洞童話村

松月洞童話村(ソンウォルドントンファマウル)は、韓国の仁川にある今若い人達の間で人気の観光スポットです。こちらの観光スポットは街全体がアートで溢れていて、メルヘンな世界観が楽しめます。チャイナタウンのお隣にあるので、一緒に観光することも可能です。
壁画にはさまざまな童話の主人公達を描いており、中にはこんな見覚えのある絵もありますよ!ほとんどが、パステルカラーで描かれていてまた別の雰囲気の可愛さがありますし思わず写真も撮りたくなっちゃいますね。

café OZ

オズの魔法使いのテーマカフェ。カフェメニューの他、カップケーキやキャラクターのクッキーなども販売しています。2階はワンピースのカフェにもなっていてフィギュアなどキャラクターがたくさん溢れていてワンピースカフェとしても有名です!
看板メニューはチャジャンピンス!韓国の麺料理として有名なチャジャン麺にそっくりな変わり種ピンスです。ぜひお越しの際は休憩がてらに行ってみてください。

4・曽坪自転車公園

今韓国で密かに人気の「曽坪(ジュンピョン)自転車公園」をご存知ですか?なんと、ミニチュアサイズですべてできている街なのです。カラフルでかわいいだけじゃなく、本当に絵本のような素敵な世界が楽しめます!

SNSのアクセス数もたちまち増えるかも!!

曽坪自転車公園は、町並みだけでなく、「公園」が付いている通り、遊具がある公園もあります。その公園も町並みに合わせてとってもキュートでカラフルになっていて普通サイズの遊具もありますが、やはり、子供のためにできたため、子供サイズの遊具もおいてあります!
まるで巨人になったかのような気分になれます。ミニチュアの世界を歩く気分を味わえますよ~!小さくてカラフルで、キュートで愛らしい。女子が大好きな素敵な要素を沢山備えた曽坪自転車公園は、どこを撮っても絵になります。
いかがでしたか?韓国にはまだまだおしゃかわスポットがたくさんあります!!今回は一部でのご紹介でしたが韓国に行った際は、ぜひ写真をたくさん撮ってSNSにたくさんあげていいね!をたくさんもらいましょう。

関連する記事この記事に関連する人気記事

キュレーター紹介この記事を書いた人