絶対立ち寄りたい!山梨のおススメ日帰り温泉10選

131

View

連休が取れないという人におすすめなのが、山梨にある日帰り温泉です。
時間的にもそれほど掛かりませんし、温泉の選択肢も豊富であり、安価で済むというメリットもあります。
ここでは山梨県にある日帰り温泉に、スポットを当ててみました。

皆で行きたいこんな日帰り温泉

森林浴と温泉を味わえる「花かげの湯」

極めて良質なアルカリ性の泉質のため、美人の湯としても有名。露天風呂や寝湯などのお風呂も楽しめる。

出典:WWW.YAMANASHISHI-KANKOU.COM

露天風呂の他に、圧注浴や寝湯といったユニークな温泉を楽しめます。
圧注浴と聞くと、クエスチョンマークが浮かぶかも知れませんが、ジャグジーと言えば分かる人は多いかも知れません。
すなわち、一般の温泉で得られる圧力よりも、高めの圧力を掛けるのでマッサージ効果が高くなると言えるでしょう。
肩こりや腰痛等の人には、効果が期待出来ます。
また、寝湯というのは浅い湯船に横たわり、浮遊感を感じる事でリラックス効果を得るというものです。
いずれにしても、好奇心を掻き立てられます!

源泉湯 燈屋

掛け流しの温泉は、保湿効果が高く美人の湯として定評がある。男女別の内風呂には5つ、男女別の露天風呂にはそれぞれ4つずつ湯船があり、座湯や壷風呂など多彩な入浴を楽しめる。
住所
山梨県甲府市上阿原町590-3 地図を見る
交通
JR甲府駅からタクシーで20分
中央自動車道一宮御坂ICから国道137・20号を四日市場方面へ7km

出典:TRAVEL.BIGLOBE.NE.JP

源泉湯 燈屋は、研究に研究を重ねて作られており、様々な湯船を楽しめるだけでは無く、お料理にも力を入れており、バランスの取れた誰もが納得出来る温泉だと言えるでしょう。

ほったらかし温泉は、どんな温泉!?

ほったらかし温泉 あっちの湯は富士山と甲府盆地が見渡せるなんとも贅沢感たっぷりの温泉です。露天風呂から見える景色は季節によってはもちろん、朝日から夜景まで1日のうちでも時間によって素晴らしく変化するので1日中入っていたい温泉です。
「あっちの湯」は元々あった「こっちの湯」に比べて眺望も広さも全てが2倍のスケール!「あっちの湯」の源泉は新しく掘り当てたもので、深度1500mという深層の破砕帯から湧出してPH値は10.1と高く、お肌すべすべ、湯冷めしにくいという特に女性にとって魅力的なお湯です(**「こっちの湯」のphは9.68)。
「あっちの湯」「こっちの湯」ともに源泉100%かけ流しなうえに、毎朝日の出前に清掃をしてお湯も総入れ換えしているほど!だから本当にきれいで新鮮なお湯を楽しめました!お風呂上がりのお肌はつるつるしっとりというよりも、さっぱりとした肌触りでした。
これだけスケールの大きな露天風呂で日本一の山、富士山を眺められる温泉、しかも朝日や夕日、満点の星空まで見られるなんてほったらかし温泉は日本一の絶景露天風呂と言ってもいいです!!ぜひお天気のいい日に行ってみてください♪

出典:WWW.FOOD-TRAVEL.JP

富士山をはじめ朝方でも夕刻でも、時折々の風景を、温泉に浸かりながら眺められるなんて、贅沢過ぎです。

のめこい湯なら、お肌ツルツル!

檜作りが贅沢な風呂

やはり檜は、日本人の故郷を彷彿とさせます。

のめこい湯 温泉成分・効能
「のめっこい」は丹波山村の方言で、「つるつる、すべすべ」という意味。
名前のとおり、湯上がり後は肌がつるつるになります。
泉質は単純硫黄温泉。ほのかに硫黄の臭いがするお湯で、神経痛や筋肉痛、冷え性や疲労回復にも効能があります。

出典:WWW.NOMEKOIYU.COM

お肌の状態が気になる女性も、日頃の疲れを癒やしたい男性でも、きっと満足のいく時を過ごせる筈です。

絶景かな絶景かな!みたまの湯で、心まで温まる

みたまの湯からの絶景

このみたまの湯温泉には、やはり、絶景が良く似合います。

富士急ハイランドから中央道で1時間程の所にある、山梨県「みはらしの丘 みたまの湯」。高速道路から近いながらも、丘を登って行ったその先には名前の通り最高の【見晴らし】が広がる絶景温泉です。
閉店間際に撮影に行きましたが、駐車場にはまだ20台ぐらい停まっていました。観光客だけでなく、地元の人にも愛されている温泉です。

出典:YUTTY.JP

日帰り温泉として出掛ける訳ですから、交通アクセスが良くなければなりません。
しかしみたまの湯では、東京からでも2時間足らずで到着するだけではなく、「絶景」が待っているのですから言うこと無しです。
付け加えるなら、地元の方も利用しているのですから、折り紙つきの温泉と言って間違いないでしょう。

温泉マニア向けコース

アワアワが印象的な韮崎旭温泉

■概要
特徴のある泡付きのお湯で温泉ファンには有名な韮崎旭温泉を訪れた。釜無川から南アルプスの山に続く緩やかな傾斜地にぽつんとある。
館内は静かで昼の光のなかでもそこだけ時間が止まったような雰囲気だ。
所在地
山梨県韮崎市旭町上条中割391
TEL:0551-23-6311
■印象
浴室には大きなL字型の浴槽がある。エメラルドグリーンのお湯だ。湯口からの投入量は大変多く、床にざーざーと流れるような感じだ。源泉をそのままかけ流している。
温度はややぬるめで長湯するにはちょうど良い。湯口の付近のお湯は白濁しているように見える。 湯口の近くに行くと白濁は細かい気泡なのが分かる。白濁の中に入ると体が泡まみれになる。気泡が背中を登ってくすぐったい。
大変すばらしいお湯だ。近くに住んでいれば何度でも通いたい。ちょっと交通が不便なので混んでいない点もよい。お勧めする。

出典:WWW.ASAHI-NET.OR.JP

温泉マニアには堪らない、「隠れた名温泉」と言えるかも知れません。
空いている事が多いようなので、この辺りもメリットと言えます。

ドバドバの打たせ湯が人を魅了する、はやぶさ温泉

はやぶさ温泉の名物

これが良いんだ!

はやぶさ温泉 周辺には普通の家が建ち並び住宅街のようにも思える。
一見民家のような造りだが立派な日帰り施設として地元の方達に愛されている。
この日も訪問客は多く、あまりゆっくり入浴はできなかった。ただし温泉は絶品!最高だ。
P.Hは9.95と強く掛け流し量が半端ない。
とにかく掛け流し量がすごい!左写真のようにドバドバで、おばさんは競ってこの下の位置を取り合う。
この源泉を肩へあてたり首へあてたり打たせ湯代わりにしているようだった。
激しい打たせ湯の為、この周辺へ近づくと危険。跳ね返った湯が飛び散り、顔やら頭やら近くへいるだけでびしょびしょになる(笑)
ここには広い休憩所があり、休憩所からは綺麗に整えられた庭が見渡せる。
専門のマッサージ師もいるようで休憩所の真ん中でお客さんをマッサージしていた。
休憩所では寝ている人、ソフトクリームを頬張る人、ビールを飲む人と様々に楽しんでいるようだった。

出典:WWW.HIKYOU.JP

掛け流しのお湯を、日頃凝った肩等に当てると気持ち良いんでしょうね。

風水好きなら、富士羨望の湯である「ゆらりへ」

「ゆらり」のトップページ

富士山は良いと、改めて思わせてくれる温泉です。

ゆらりがあるのは村の中心部に近いところなので、富士山の眺めも当然すばらしい。
内装は都会的で、「風水」をテーマに施設が造られているそうだ。まず内風呂に入る。菖蒲が束ねてお湯に入れてある。菖蒲湯とは気の利いたサービスだ。湯船の中に小さな石の腰掛けがあって、長湯できるようになっている。
内湯の外のテラスに小さな五右衛門風呂が、富士山を正面に見るように並んでいる。これはなかなかよい。銭湯の書き割りのような本物の富士山だ。
料金は高めだが、設備が整ってさらに富士山の眺望がすばらしいので、納得できるところだ。

出典:WWW.ASAHI-NET.OR.JP

風水をテーマにして、内装が施されているところがユニークです。
また、富士の眺めも一級品です。

歴史ある葭之池温泉に注目!

ここは富士山の麓にある町で、
振り返ればそこは富士山!という素晴らしいロケーションなんです。
そんな富士吉田市に江戸時代から営業を続けている温泉があるってご存知でしたか?
今回はそんな隠れ家的温泉、葭之池温泉(よしのいけおんせん)をご紹介します。
さて、今回ご紹介する葭之池温泉、
富士吉田の北部、中心部から少しだけ外れた場所に位置します。
創業はなんと安政三年(1856年)!
150年以上営業されていることに驚きを隠せません…
この葭之池温泉のお湯はアトピーや皮膚病に効果抜群なのだとか。
たしかに20分も浸かっていると、皮膚が少しピリピリした感覚に包まれました。
皮膚病持ちの方はぜひ浸かってみてはどうでしょう?

出典:JPN-BEAUTIFUL.COM

150年以上も昔から受け継がれているなんて、驚きを隠せません。
こういう所は、歴史好きにはたまらないでしょう。

俳人気分で出掛けてみよう!芭蕉月待ちの湯

月待ちの湯

この地で、「名月の夜やさぞかしの宝池山」という句を、松尾芭蕉が読んだとされています。
この句の意味合いを調べてみると、月待ちの湯がある、宝池山という場所での、例えようも無いほどに美しい月であった様です。
そしてこれが名月であったなら、どんなに素晴らしいものになるのかという、松尾芭蕉の感激を表しています。
しかしながら、「月待ちの湯」に浸かりながらという訳ではなさそうです。
ですから松尾芭蕉の代わりに温泉に浸かりながら、名月を堪能する事が出来れば、歴史的価値を体感出来た事になるかも知れません。
松尾芭蕉ファンであるなら、トライするしかありませんね。

日本の花の百名山に選ばれた二十六夜山の麓にあり、月にまつわる伝説が多く残る戸沢地区であり、昔はこの辺りに池があり月を映した池の美しさは格別で、松尾芭蕉が逗留の折に「名月の夜やさぞかしの宝池山」と詠んだと伝えられてもいます。そんな言い伝えにちなんで名付けられたサウナなどそろっていて、くつろげる温泉です。
効能:神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復
泉質:アルカリ性単純温泉
長さ30mの巨大ジャンボすべり台や芝生広場等が整備されている。

出典:WWW.YAMANASHI-KANKOU.JP

月明かりを受けながら、松尾芭蕉に思いを馳せ、そして温泉の暖かさを味わうなんていう、粋な味わいを堪能出来ます。

この記事に関連するタグ

関連する記事この記事に関連する人気記事

キュレーター紹介この記事を書いた人